事業・製品情報

  • 建築資材事業
  • 環境資材事業
  • 高機能材事業
  • 機能フィルム事業
  1. TOP
  2. 企業情報
  3. 充実人生 経営宣言

充実人生 経営宣言

経営の最重要施策として、「充実人生 経営宣言」を2019年4月1日に制定いたしました。「多様な働き方支援」「働き甲斐支援」「健康増進支援(健康経営)」を軸として、誰もが活き活きと働ける職場の実現を目的とした、社員の大切な人生の支援策を展開しています。

「充実人生 経営宣言」の構成要素

  • ①充実人生 経営宣言

    経営の最重要施策として、2019年4月1日に制定いたしました。
    ②~④を三つの軸として施策を実施しております。

  • ②多様な働き方支援

    「多様な働き方支援」として、ライフステージに応じた働き方を提供します。

  • ③働き甲斐支援

    「働き甲斐支援」として、誰もが活き活きと働ける職場の実現を目指します。

  • 健康増進支援 = 健康経営

    心身ともに健康に効率よく働ける職場の実現を目指します。

  • 求められる人材像

    Communicate, Commit, Be Proactive.
    もっと踏み出す、もっと前へ。

「充実人生 経営宣言」に関わる体制図

健康経営の推進、ダイバーシティの推進、良質な職場の構築をメインテーマとして、代表取締役社長を委員長とする「充実人生 経営宣言」推進委員会を中心に進めています。

「充実人生 経営宣言」の目指す姿

健康増進支援に「健康経営」の要素を取り入れて 「充実人生 経営宣言」の取り組みを強化し、社員が活き活きと働くことによって、会社の永続的な成長と企業価値の向上を目指します。

目標と進捗状況

重点項目について目標を掲げ、取り組みを推進しています。

  実績値 目標
項目 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
有給休暇取得率 62.4% 91.2% 88.2% 80%以上
喫煙率 36.7% 35.2% 29.6% 27%以下
男性育休取得率 31.0% 90.6% 100% 90%以上
特定保健指導実施率 40.9% 35.4%
(6月末時点)
60%以上
要所見者における
再検査受診率
63.6% 80%以上

具体的な取り組み

「多様な働き方支援」として、ライフステージに応じた働き方を
提供します。

  • 男性社員の仕事と育児・家庭の両立に向け、短期間育児休業制度を導入
  • 時間単位年休制度の導入
  • 在宅勤務・サテライトオフィス勤務の対象者拡大
  • がんに罹患した場合の治療と就労の両立支援として、がん両立支援制度の開始

育児休業取得者の声

ひとりよりふたり~深まる絆~
(安富工場 製造グループ上玉利 潤、2019年育児休業取得)

三男が生まれてから仕事、家庭と忙しく過ごしていました。三人目なので妻も慣れたもので、自分が育休を取得することは考えもしませんでした。男性の育児休業については聞いたことはありましたが、先輩方から取得したという話を聞いたことが無かったので、自社にはない制度だと思っていました。また恥ずかしながら、女性が取得するものだという固定概念もありました。
ある時上司から「育児休業とらんの?取ったらええで」と声を掛けてもらい、男性も育児休業が取れ、短期間育児休業制度があると知りました。交替勤務なので周りに迷惑も掛かると思いながら同僚や先輩方に相談した所、皆優しい言葉をかけて下さりました。手続きも簡単に済み、短期間の育児休業を取らせていただく事になりました。
育休中は妻にはゆっくり休んでもらおうと思い家事、育児に取り組みましたが、育児の大変さを改めて実感しました。後日、妻に「育児休業どうやった?」と聞くと「家事、育児の手伝いはもちろん助かって良かったけど、何よりパパが一緒におってくれて安心感があった。」と言ってくれました。普段の生活では負担をかけていないように思っていても、内心不安や心配があるんだなと感じました。職場の同僚には負担を掛けましたが、育休は家族にとってすごくいいものだと実感しました。
現在の製造部門では先陣をきって育休を取得しましたが、今後は後輩たちが育休を取得しやすいような環境づくりができたらと思います。

「働き甲斐支援」として、誰もが活き活きと働ける職場の実現を
目指します。

  • 年1回キャリア面談の実施
  • 充実人生 経営宣言およびキャリア面談の理解を深めることを中心とした管理職研修の実施

管理職研修

「健康増進支援(健康経営)」として、心身共に健康に効率よく
働ける職場の実現を目指します。

詳細の取組は健康経営のページへ

充実人生 経営宣言