事業・製品情報

  1. TOP
  2. CSR情報
  3. 社会性報告 地域・社会とともに

社会性報告

地域・社会とともに

事業所・生産拠点の周辺地域との共生

タキロンシーアイグループでは、各事業所および生産拠点のある地域において、各地域住民の方々との良き隣人となることを目指しています。
その方針の下、2016年度も工場周辺の環境保全・美化活動、近隣で開催される各種行事などへの積極参加、近隣小学校児童の工場見学や職業訓練学生の受入のみならず、災害被災地への寄付活動・備品提供などを実施しました。
今後も引続き、各地域への貢献と交流及び被災された地域への支援活動に取り組んでまいります。

■主な活動実績(2016年度)

(単位:件)

実施内容 件数 実施内容 件数
周辺地域美化活動 21 献血 2
地域イベント・活動への参加 10 被災地への募金活動 3
地域・社会への寄付 9 被災地への物資提供 3
地域児童の工場見学会 3 資源回収 1
交通安全活動への参加 3 障がい者支援 1
インターンシップ 3 合計 59

活動状況

2016年4月
タキロンプロテック
「地域おこし協力隊」への協力

2016年5月
東京工場
環境美化の日活動

2016年5月
タキロンプロテック
地域環境協議会への協賛

2016年6月
滋賀工場
石部高校前清掃

2016年6月
東京工場
地域植栽事業への参加

2016年6月
岡山工場
地元児童工場見学会

2016年6月・8月
揖保川事業所
瀬戸川アドプト活動

2016年8月
岡山工場
インターンシップ受け入れ

2016年9月
佐野工場
クリーン大作戦参加

2016年9月
タキロンプロテック
びわ湖クリーンキャンペーン

2016年9月
タキロンプロテック
東近江市消火競技大会

2016年11月 ダイライト
工業団地内空き缶回収・清掃活動

2016年11月
岡山工場
資源回収活動への参加

2016年11月
タキロンプロテック
御薗地区運動会・秋祭り 感謝状

2017年1月
栃木工場
小学校児童工場見学

2017年2月
日本ポリエステル
須丸川ボックスカルバート視察立会

スポーツの振興・支援

タキロンシーアイは2015年度より公益財団日本水泳連盟(JASF)との間で競泳日本代表オフィシャルスポンサー契約を結び、競泳日本代表(トビウオジャパン)を応援しています。
また「安全・安心」のプールサイド用防滑性床材を提供しているタキロンマテックス㈱は、日本水泳連盟主催の競泳大会スポンサー協賛ならびに、一般社団法人日本身体障がい者水泳連盟のオフィシャルスポンサーとして水泳振興活動を幅広く応援しています。

プールサイド用防滑性床材

研究機関・国連機関への支援

タキロンシーアイは東京大学大気海洋研究所(気候システム研究系)の地球温暖化を始めとする地球的規模の気候変動メカニズム研究を継続的に支援しています。
また、2017年5月には途上国の子供達の飢餓をなくすため、国連WFPが横浜みなとみらいで開催するチャリティイベント「WFPウォーク・ザ・ワールド2017横浜」に協賛し、約30名の有志社員・家族が参加しました。
今回の参加費の一部は国連WFPの学校給食プログラムに役立てられています。

感謝状

WFPウォーク・ザ・ワールド2017横浜

タキロンシーアイ★トピックス

自然分解性ネットを用いたサンゴ礁復活

タキロンシーアイグループ会社の大日本プラスチックス㈱とタキロンプロテック㈱は2006年から沖縄県海域で行われているサンゴ群集の再生活動に参加しています。
設置が容易で特別なメンテナンスが不要な網状の生分解性プラスチック基盤「コーラルネット」を提案(工法:鹿島建設株式会社様)し、従来のサンゴ礁植え付け技術に替わり、サンゴを自然着生させて成育させる実験を進めております。最近ではサンゴ断片をネットに固定する移殖法の検証や陸上におけるサンゴ礁苗の生産および海域への種苗植生の検証・モニタリングに取り組んでいます。

ネットへの移植試験

種苗生産の基盤に適用

タキロンシーアイは生物多様性民間参画パートナーシップに参加しています。