事業・製品情報

  1. TOP
  2. CSR情報
  3. 社会性報告 従業員とともに

社会性報告

従業員とともに

人材育成

新人研修、新任管理職研修等の階層別研修、さまざまな職種別研修、海外への語学研修制度等、社員の能力向上に向けたさまざまな研修制度を設けています。
タキロンシーアイでは、今後もグループ全体で教育研修体系を再設計し、社員の能力向上を目的とする研修自己啓発プログラムとしてビジネススキル研修や通信講座等の各種プログラムを進めていきます。

ユニークな研修制度

1.駅伝リレー研修

『経営は駅伝である』『人は仕事で磨かれる』これらの合言葉から生まれた研修です。当社で活躍する中堅社員が講師として、実体験に裏付けられた「想い」「ノウハウ」「マインド」を次代に語り継ぎ、事業部を超えたネットワークを構築することで、広い視野を持った人材の育成を進めています。

2.新入社員指導担当者研修

当社では、入社後に「新入社員研修」、入社半年後には「新入社員フォローアップ研修」を実施し、入社後半年時点での成長と今後のキャリアの確認を行いますが、今年度から、「新入社員指導担当者研修」制度を導入しました。新入社員配属先で指導担当者(メンター)を設定し、担当者に指導育成のノウハウを伝授。担当者は新入社員育成計画の進捗確認及び社会人としての成長についてフォローをすることで、新入社員の早期戦力化・現場での人材育成力強化を図っています。

健康管理

当社では、従業員が健康に働くことができる職場づくりを目指しています。社員全体には定期的に健康診断を実施しており、検診結果については相談窓口として「健康相談室」を事業所ごとに開催し、産業医・外部カウンセラー(一部事業所)との面談の機会を設置しています。
また2016年夏にはストレスチェックを実施するなど、社員の心身の健康を守り、働きやすい職場づくりを推進しています。

ワークライフバランス

近年、さまざまな企業で過剰な労働時間による過労死の問題がクローズアップされています。
当社では、就業時間外労働時間の削減に着手。適切な労働時間の管理と効率的業務推進の仕組みをつくるとともに、残業をしない「ノー残業デイ」を設定しています。また、年休取得率の向上に向けて、月2回の年休取得日を設定し、社員の年休取得率の向上に取り組んでいます。

女性活躍の推進

当社では、女性も総合職として活躍できるフィールドがあります。女性新卒者は本社管理部門、工場技術部門、研究開発部門などに配属され、管理職登用も含めて積極的に女性活躍に取り組んでいます。
また女性活躍推進の一環として、2017年2月にはこれからの女性の働き方を見つめ直す対話の場として 「女性活躍推進キックオフミーティング」を開催。この場では研修という形式にとらわれず、グループ討論を通して各人が抱える苦労や悩みなど、さまざまな思いを共有する良い機会となりました。
今後も「明日の職場を考える会」という取り組みとして、この活動を継続していきます。

■過去3年間の男女別新卒採用者数

(単位:名)

2014 2015 2016
男性 16 19 15
女性 3 7 7

■「女性活躍推進キックオフミーティング」の様子。

東京本社

揖保川事業所

障がい者雇用の促進

2013年度の障がい者の法定雇用率改定を踏まえ、タキロンシーアイでは「障がい者雇用ガイドライン」を制定。本社部門および各生産拠点での障がい者雇用を進めており、一層の雇用促進・定着率向上に取り組んでいます。

育児休業制度

タキロンシーアイでは多様な人材の活用に向けた職場づくりに取り組んでいます。その一環である育児休業制度の2016年度利用者は8名(タキロンシーアイ本体のみ)、育児休業後は取得者のうち希望者全員が復職しています。(自己都合退職者を除く)

社員の声

育児休業制度を利用して

私は2015年3月に長男を出産し、2016年4月に復職しました。現在は認可保育園で子供を預けることができたことと育児短時間勤務制度により時差出勤を認めていただいたことで、夫婦の勤務時間を調整して、仕事と家庭を両立することができています。
復職後も仕事の内容は大きく変わっていませんが、職場の皆様に深く感謝しつつ、短時間勤務ですが、やりがいを持って働き続けられる職場で充実した毎日を過ごしており、今後は新しい仕事にもチャレンジしていきたいと思っています。

人事部:佐藤紗矢佳