事業・製品情報

  1. TOP
  2. CSR情報
  3. 環境報告 環境会計

環境報告

環境会計

環境保全コスト

旧タキロンにおける環境保全に関わる費用額は増加し、投資額については減少しました。うち費用額については、公害防止・地球環境・資源循環コストのいずれも増加し、事業エリア内コストが上昇。投資額については空調設備の更新・断熱/遮熱塗装など実施しましたが、総額は減少しました。

 旧シーアイ化成における環境保全に関わる費用額については増加、投資額については減少しました。そのうち費用額については上・下流コストが増加となりましたが、投資額については地球環境関連、上・下流関連投資が減少となりました。

■旧タキロン

(単位:百万円)

分 類 2015年 2016年度
費用額 投資額 費用額 投資額
(1)事業エリア内コスト 196 111 211 101
内訳 (1)-1 公害防止コスト 18 42 22 10
(1)-2 地球環境コスト 59 57 63 88
(1)-3 資源循環コスト 119 12 126 2
(2)上・下流コスト 2 1 2 0
(3)管理活動コスト 68 7 65 0
(4)研究開発コスト 1 2 0 0
(5)社会活動コスト 14 3 14 2
(6)環境損傷対応コスト 0 0 0 0
合 計 280 123 291 103

■旧シーアイ化成(本体のみ)

(単位:百万円)

分 類 2015年 2016年度
費用額 投資額 費用額 投資額
(1)事業エリア内コスト 341 174 338 117
内訳 (1)-1 公害防止コスト 30 36 31 33
(1)-2 地球環境コスト 117 96 112 50
(1)-3 資源循環コスト 194 42 195 34
(2)上・下流コスト 117 79 137 0
(3)管理活動コスト 6 0 8 20
(4)研究開発コスト 0 0 0 0
(5)社会活動コスト 6 0 6 2
(6)環境損傷対応コスト 0 0 0 0
合 計 470 253 489 139

環境保全効果(事業エリア内効果)

旧タキロンにおける環境保全効果(事業エリア内効果)については半導体・液晶関連需要の拡大に伴う増産により、複数の効果項目の数値が増加しました。一方、排出物総量については処理能力の増加により前年度から削減できました。

 旧シーアイ化成においては、一部事業の整理および生産量の減少により、電力使用量、CO2排出量、工場排水量は減少しましたが、排出物総量、埋立量については、副資材の処分、ユーティリティの整備などにより増加となりました。

■旧タキロン

効果項目 2015年度 2016年度
1.電力使用量 (千KWh) 100,411 102,298
2.二酸化炭素排出量 (トン) 57,048 58,564
3.工場排水量 (トン) 433 486
4.排出物総量 (トン) 9,753 8,627
5.埋立および単純焼却処分量 (トン) 144 112

■旧シーアイ化成(本体のみ)

効果項目 2015年度 2016年度
1.電力使用量 (千KWh) 55,488 54,182
2.二酸化炭素排出量 (トン) 37,953 35,622
3.工場排水量 (トン) 380 364
4.排出物総量 (トン) 3,660 3,776
5.埋立量 (トン) 3.36 6.17

環境保全経済効果(旧タキロンのみ)

節電および省エネ設備の導入などによりエネルギー費用の削減に取り組んでいます。 
2016年度の費用については前年度とほぼ同等またはそれ以上の削減となりましたが、引き続き、歩留り向上やリサイクル還元率向上に向けた取り組みを推進します。

(単位:百万円)

効果項目 2015年度 2016年度
収入 有価物の売却による収入 45 68
費用削減 省エネによるエネルギー費用削減 23 34
省資源、リサイクルによる費用削減 156 152

タキロンシーアイ★トピックス

Bonset America Corporation の環境への取り組み

 Bonset America Corporationでは環境への取り組みとして電力や廃棄物の削減に取り組んでいます。
電力削減については2017年1月よりオフィスエリアや休憩室の照明のLED化を実施。合計で142灯の交換を完了し、照明の電力使用量を旧来から約67%削減しました。
また、廃棄物(ダンボール、破損した木やパレット、紙など)のリサイクルや再販化を実施し、この10年間で約80%削減しました。今後も環境にやさしい企業を目指し、環境負荷低減活動を継続的に進めていきます。

Production Terry池田

LED照明にしたオフィスエリアと休憩室