事業・製品情報

  • 建築資材事業
  • 環境資材事業
  • 高機能材事業
  • 機能フィルム事業
  1. TOP
  2. CSR情報
  3. 環境会計

環境報告

タキロンシーアイグループでは、環境保全活動を効率的に進めるために、環境保全活動にかかわるコストと費用対効果を適切に把握・分析する目的で環境会計を導入しました。
その中で環境保全コストとして、環境対策、省エネ・省資源対策、リサイクル等にかかわる投資額・費用額とともに、生産改善活動による省資源、リサイクルによる費用削減額を算出しています。

環境保全コスト

タキロンシーアイグループにおける環境保全にかかわる費用額については、グリーン購入などに関する費用の上・下流コストが減少したことにより、費用総額は減少しました。また、投資額については、省エネ機器への更新などにより増加しました。

(単位:百万円)

分類 2017年度 2018年度
費用額 投資額 費用額 投資額
(1)事業エリア内コスト 307 148 315 486
内訳 (1)-1公害防止コスト 26 10 26 94
(1)-2地球環境保全コスト 89 134 137 344
(1)-3資源循環コスト 192 4 152 48
(2)上・下流コスト 196 10 137 0
(3)管理活動コスト 81 0 84 6
(4)研究開発コスト 0 4 1 4
(5)社外活動コスト 21 2 22 5
(6)環境損傷対応コスト 0 1 0 0
合計 605 164 560 501

環境保全効果(事業エリア内効果)

2018 年度は省エネ活動の推進などにより電力使用量が減少し、二酸化炭素排出量も減少しました。
一方、工場排水量は生産時の冷却水の循環利用、節水設備の導入などを進めましたが、排水設備の不備が発見されたため増加しました。排水量削減に向けた活動を継続して実行します。
また、排出物総量については廃棄物の要・不要を峻別の結果減少しましたが、各国廃棄物の輸入規制などの影響によりリサイクル率は減少しました。

効果項目 2017年度 2018年度
1.電力使用量(千kWh) 213,893 208,812
2.二酸化炭素排出量(t) 115,310 109,077
3.工場排水量(千m3) 897 1,004
4.排出物総量(t) 13,938 13,083
5.リサイクル率(%) 97.0 94.0

環境保全経済効果

2018年度は生産性改善活動による歩留り向上の効果が大きく、省資源、リサイクルによる費用削減金額が増加しました。
今後も引き続き、歩留り向上などの生産性改善活動への取り組みを推進します。

(単位:百万円)

効果項目 2017年度 2018年度
収入 有価物の売却による収入 120 117
費用削減 省エネによるエネルギー費用削減 40 44
省資源、リサイクルによる費用削減 226 261