事業・製品情報

  1. TOP
  2. CSR情報
  3. 環境報告 地球環境とともに

環境報告

地球環境とともに

タキロンシーアイグループでは、今回の経営統合を機に地球環境保護を目的として新たに環境方針を策定しました。生産プロセスの改善、環境配慮型製品・サービスの開発および提供など、事業活動全体にわたって環境負荷低減に努め、環境保全に向けた取り組みを実施するべくマネジメント体制を推進してまいります。

環境方針

環境理念

『私たちは常に地球環境保護をこころがけ、人と地球と未来にやさしいものづくりをめざします。』

環境基本方針

  1. 環境に関する法令を遵守し、社会との調和につとめます。
  2. 環境保全に取り組む体制やルールを構築し、継続的なマネジメントサイクルとして環境保全を推進します。
  3. 企業活動のすべてにおいて、省エネルギー、省資源、廃棄物の削減、有害物質の排出削減などの環境負荷低減につとめます。
  4. 環境と安全に配慮した技術の開発と製品・サービスの提供につとめます。
  5. 社員の環境保全意識の向上を図るとともに、積極的な環境情報の開示を通じて社会とのコミュニケーションを推進します。

環境マネジメント体制

タキロンシーアイでは経営理念に地球環境保護を掲げ、環境規制の遵守、環境負荷の低減、環境配慮型製品の供給、省資源・省エネ・廃棄物の削減に取り組むために、環境管理規程・環境診断規則を策定しました。
また、グループ全体としての環境マネジメントを推進するために、経営企画本部長(=環境担当役員)をトップとする環境マネジメント体制を構築し、各拠点の環境保全活動の進捗状況や課題を定期的にレビューする仕組みとしています。

■環境マネジメント会議体

環境保全活動内容と実績

旧タキロン・旧シーアイ化成では各社の環境マネジメントシステムに基づき、環境保全活動を実施。2016年度の活動内容・実績および自己評価結果は以下のとおりです。

自己評価(達成度)

  • 90%以上…
  • 70%以上90%未満…
  • 70%未満…

■旧タキロン

目標 活動状況(2016年度) 自己評価(達成度)
現行の環境マネジメントシステムの推進と強化・充実 ゼロエミッション※1(産業廃棄物の削減) 工場からの産業廃棄物“ゼロ” 活動
省資源・省エネ 省資源(省材料・歩留り向上)活動
省エネ( コジェネ、省エネ設備・機器導入、効率稼働) 活動
化学物質の管理と低減 化審法、化管法をはじめとする法規制に基づく化学物質の管理・対象化学物質の使用低減活動
全社グリーン購入の推進 グリーン調達・グリーン購入 全社的グリーン購入の推進
グリーン購入調達方針の推進
環境ビジネスによる営業力の強化 リサイクルシステムの構築・運用 ポストユース品の引き取りからマテリアルリサイクルを主としたリサイクルシステムの研究
リサイクル技術の研究と商品の開発
環境対応型商品の開発(技術開発) 環境低負荷商品の開発
ビジネス、事業への拡大
環境活動の外部公表 環境報告 上記環境活動状況のレビュー
CSR報告書、ホームページによる外部公表
環境会計による活動の評価 環境会計 活動の経営評価指標として環境省のガイドラインに沿った環境会計の集計
内部分析から環境経営評価

※1 旧タキロン ゼロエミッション活動:排出物総量に対する埋立・単純焼却処分率をゼロに近づける活動

■旧シーアイ化成

目標 活動状況(2016年度) 自己評価(達成度)
生産性向上・省エネルギー活動の推進 電力使用量の削減
(電力原単位を前年度比⊿2%以上)
電力原単位:前年度比+6.2%
CO₂総排出量の削減
(前年度比⊿1%以上)
CO₂総排出量:35,622トン
(前年度比⊿6%)
産業廃棄物発生の抑制と分別による再資源化の推進 廃棄物発生量の抑制
(前年度比⊿5%以上)
廃棄物発生量:1,005トン
(前年度比+20%)
ゼロエミッション※1 の達成
(排出物の埋立率※2 0.3%以下)
埋立率※2:0.16%
化学物質の適正管理の徹底と維持向上 PRTR対象物質の適正管理と排出・移動量の削減
(2001年度比で30%以上削減)
PRTR 対象物質の排出・移動量を2001 年度比⊿70%
VOC排出量抑制の推進 規制該当設備(6設備)と排出口濃度の測定(年2回)
(測定結果は基準値以下)
2004年版対応システムの推進 環境マネジメントシステムの運用と継続的的改善 ISO14001 認証制度継続達成

※1 旧シーアイ化成 ゼロエミッション活動:埋立率を1%以下にする活動

※2 埋立率:埋立量÷(廃棄物排出量+有価物排出量)×100