事業・製品情報

  • 建築資材事業
  • 環境資材事業
  • 高機能材事業
  • 機能フィルム事業
  1. TOP
  2. CSR情報
  3. 安全・衛生

ひとり一人への安全意識の浸透と健全な職場づくり

坂本 光

取締役 常務執行役員
生産本部長

坂本 光

タイトルは、2019年度タキロンシーアイグループの安全衛生方針です。
従業員の安全と健康は全てに優先します。安全と健康なくして私たちの幸福は実現しません。一方で、安全安心は誰かから与えられるものではなく、自分たちで創り出していくものです。生産本部として、基本となる全員参加での5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)活動を基軸にして、自分たちの職場を良くしようとする改善意識を育て、一人ひとりの安全意識の浸透と、自由に意見を出し合える風通しの良い健全な職場づくりを目指して日々の活動に取り組んでいます。

安全衛生マネジメント体制

当社グループでは、安全衛生を統括する担当役員を責任者とした各種安全衛生会議を定期的に実施し、安全衛生活動方針及び災害・事故の発生防止の重点施策を決定し、安全衛生活動を全社・全グループ会社に展開しています。

安全衛生マネジメント体制
安全衛生マネジメント体制

グループ会社安全衛生活動

「一人ひとりへの安全意識の浸透と健全な職場づくり」をスローガンとして統一された方針に基づき、タキロンシーアイグループ会社各社が安全衛生活動を展開・推進し、災害予防や再発防止を実施しています。また、グループ会社各社間で相互に情報を共有・活用することによって、各社のレベルアップやリスク低減推進体制を構築します。

グループ間安全衛生活動体系図

グループ会社安全衛生活動

重点施策

安全面の重点施策項目

  1. 全員参加による安全活動で災害の撲滅
  2. 基本となる安全活動の教育と実践
  3. 災害要因の早期発見とリスク低減策の実践
  4. 関連法規遵守と法改正対応の徹底

健康・衛生面の重点施策項目

  1. 5.有給休暇取得の推進
  2. 6.健康診断結果の活用による健康増進策の推進
  3. 7.労働時間の適正管理

グループ間安全衛生活動体系図

グループ会社安全衛生活動

生産拠点における活動

タキロンシーアイグループでは、各生産拠点で安全衛生委員会を中心に各種活動を実施しています。2017年度は59%、2018年度は46%が、経験5年未満の経験の浅い社員の被災率が高く、「新人・異動者向け安全教育マニュアル」を整備し、各生産拠点が共通した内容・方法・フォローアップまで定めています。さらにグループ会社も含めた国内の生産拠点を5 つのグループに分け、「工場間相互安全チェック」(工場間安全パトロール)を実施し、不具合点の相互指摘や改善への提言、またグッドポイントとして参考となる良い活動は自拠点に取り込むなど、拠点間の情報共有化を図り、活動の活性化、レベルアップを図っています。

「新人・異動者向け安全教育マニュアル」のポイント

各生産拠点が共通した内容・方法・フォローアップまで定めています。

新人・異動者向け安全教育マニュアル 3つのポイント

新人・異動者向け安全教育マニュアル 3つのポイント

安全体感研修

労働災害を防止するには危険予知能力を高めることが重要となります。その危険予知能力を高めるため、2017 年度から網干工場に安全体感装置を導入し、体感研修を実施してきました。2017 年度は網干工場周辺の生産拠点を中心に実施し、2018 年度は体感装置を送り込み、全国の生産拠点を対象に「出張体感研修」を行ってきました。その結果、2019 年6月末現在でタキロンシーアイ全工場およびグループ会社の生産拠点も含め、2,108 名が受講しました。今後も生産設備に則した体感装置の拡充を進め、職場における身近な危険を直感的に感じ取れる能力を養い、その気付きをどの様に活かすのかを考え、危険感受性と安全意識の向上を図り、タキロンシーアイグループ全体で労働災害ゼロを目指します。

受講者の声

日本ポリエステル㈱三田工場:機械の力、挟まる力、回転力が想像以上のものだと理解出来ました。
㈱ボンパック:安全に絶対は無いと思いました。人の思い込みはとても怖いと思いました。東京工場:話を聞くより、体感することで大切さがわかり、危険に対する考え方が変わった。栃木工場:わかっている事でも、とっさに手を出してしまったりする事があるという事、ちょっとした油断で怪我、事故につながるという事を再認識しました。
滋賀工場:ただの体験で終わらせるのではなく、様々な条件が重なった時、目の前にある機械、作業はとても危険な物になると肝に命じていかなければと思います。

安全体感研修の様子

安全体感研修の様子