事業・製品情報

  • 建築資材事業
  • 環境資材事業
  • 高機能材事業
  • 機能フィルム事業
  1. TOP
  2. CSR情報
  3. 地域・社会とともに

社会性報告

タキロンシーアイグループでは、各事業所および生産拠点のある国内・海外地域において、各地域住民の方々の良き隣人となることをめざし、各種地域活動への参加や被災地への支援活動等を行っています。
また、社会を担う一員として、スポーツの振興・支援、研究機関や国連機関への支援等にも積極的に取り組んでいます。

事業所・生産拠点の周辺地域との共生

2018年度の主な活動実績は、周辺地域の環境保全・美化活動、地域イベントへの積極参加、近隣学校児童の工場見学や職業訓練、インターンシップ受け入れ等に加えて、災害被災地への義援金拠出や地域社会への寄付活動などです。
今後も引き続き、各地域への貢献と交流および被災された地域への支援活動に取り組んでまいります。

主な活動実績(2018年度)

活動内容 件数 活動内容 件数
周辺地域美化活動 15 インターンシップ受け入れ 2
地域社会への寄付 10 消防活動・ 救急救命活動 2
地域イベント・活動への参加 7 地域イベント・活動への物資提供 1
工場見学受け入れ 3 献血 1
資源回収 3 地元高校生への説明会 1
被災地への義援金 3 合計 48

活動状況

工場周辺の清掃活動(栃木工場)

地元高校生インターンシップ受け入れ(岡山工場)

トライやる・ウィーク(地元中学生受け入れ) (揖保川事業所)

地域の自衛消防協議会に参加(揖保川事業所)

資源回収活動(タキロンポリマー㈱)

コスモス祭り参加(揖保川事業所)

石狩新港地区清掃活動(北海道サンプラス㈱)

かすみがうら市フラワーロード植栽活動(東京工場)

子ども110番の家活動(株式会社ボンパック)

海外拠点における社会貢献活動

インドネシアの人口2 億6 千万人の9割近くがムスリムであり、イスラム教にちなんだ行事が多くあります。PTタキロンインドネシアではこれら行事に対する慈善活動を2003年から行っており、断食明け大祭前の地域世帯への生活物資配布等を実施しています。
特に、断食明け大祭前の生活物資配布にあたりましては、500世帯を超える地域住民の方々を当社へご案内し、日頃の事業活動へのご理解、ご協力への謝意をお伝えすると共に、全世帯に手渡しにて物資を配布する活動を実施しています。また、中国・上海に拠点を置く上海シーアイ化成電子では社会貢献活動の一環として、社員が定期的に献血に参加しています。
今後も、地域住民の方々にご理解をいただきつつ、事業活動と併せて社会貢献活動を継続してまいります。

断食明け大祭前の生活物資配布

献血風景

スポーツの振興・支援

タキロンシーアイは2015年度より公益財団法人日本水泳連盟(JASF)との間で競泳日本代表オフィシャルスポンサー契約を結び、競泳日本代表(トビウオジャパン)を応援しています。
また「安全・安心」のプールサイド用防滑性床材を提供しているタキロンマテックス㈱は、公益財団法人日本水泳連盟主催の競泳大会スポンサー協賛ならびに、一般社団法人日本身体障がい者水泳連盟のオフィシャルスポンサーとして水泳振興活動を幅広く応援しています。

研究機関・国連機関への支援

タキロンシーアイは東京大学大気海洋研究所(気候システム研究系)の地球温暖化を始めとする地球的規模の気候変動メカニズム研究を継続的に支援しています。
また、タキロンシーアイは、途上国の子供たちの飢餓をなくすことを目的として国連WFP が横浜みなとみらいで開催するチャリティイベント「WFP ウォーク・ザ・ワールド横浜」に協賛し、例年有志社員およびその家族が参加しています。2019 年度はタキロンシーアイが創立100 周年を迎えるにあたり、今年度は「WFP ウォーク・ザ・ワールド横浜」に加えて「WFP ウォーク・ザ・ワールド大阪」にも協賛。結果、タキロンシーアイ全体で過去最高の参加人数となる総勢約90名(横浜約50名・大阪約40名)の有志社員およびその家族が参加し、いずれも成功裏に終わりました。
なお、今回の参加費の一部は国連WFP の学校給食プログラムに役立てられますが、今後もグループ内にこの活動の趣旨を周知の上、より多くの社員および家族が参加するよう、この活動を継続・推進いたします。

感謝状

WFPウォーク・ザ・ワールド 2019横浜

WFPウォーク・ザ・ワールド2019大阪