事業・製品情報

  1. TOP
  2. CSR情報
  3. 社会性報告 ステークホルダーとともに

社会性報告

ステークホルダーとともに

タキロンシーアイグループの事業活動は、多くのステークホルダーの皆様とのかかわりによって成り立っています。皆様の期待に応え、相互信頼を確立していくことが何よりも大切と考えています。

株主・投資家の皆様とともに

タキロンシーアイでは、決算情報ならびに東京証券取引所が定める適時開示規則に該当する重要情報について、内容が確定した段階で迅速に東京証券取引所に開示し、ホームページでも公開しています。
また、株主の皆様には半期ごとに決算概要やトピックスを記載した「株主向け報告書」をお送りしています。さらに機関投資家の皆様には経営トップによる年1回の決算説明会の他、個別ミーティングを実施しコミュニケーションを図っています。

お客様とともに

品質保証の取り組み

タキロンシーアイでは、お客様にご満足いただける品質を提供していくため、製品の企画・開発から、生産、アフターサービスまでの各段階で、お客様ニーズの充足と品質確保に向けた品質保証活動を推進しています。
また、ホームぺージでの「お問い合せ窓口」や、フリーダイヤルの「お客様相談センター」を設置するなど、お客様の「声」を活かして、製品・サービスを改善する仕組みを構築しています。

製品含有化学物質への対応

タキロンシーアイの製品の大半は成形品であるため、欧州の化学品規制REACHの登録は行っておりません。しかし、サプライチェーン中間に位置する立場から、2015年12月17日までに公表された計168物質はもとより、今後追加される高懸念物質(SVHC)についても、ユーザーの皆様へ情報伝達を行うなど適切に対応していきます。
同様に、食品衛生法など各種法令および各種化学物質の業界の規制などにも対応を進めています。

お客様の「声」を活かす仕組み

お取引先様とともに

グリーン調達・購入の取り組み

タキロンシーアイグループでは経営統合を機に「グリーン調達ガイドライン」を制定しました。
商品やサービスを購入する際に、価格や品質だけでなく、環境負荷低減に資する資材を優先的に選定する仕組みとしており、調達先についても環境保護に意欲的な会社を優先的に選定しています。

■旧タキロン グリーン購入比率

旧タキロンでは事務用品を対象とし環境負荷のより少ないものを選定・発注するグリーン購入を推進し、2013年度からは対象をグループ会社に拡大。2016年度におけるグリーン購入比率は昨年度から7%上昇し46%となりました。

■旧シーアイ化成 グリーン購入比率

 旧シーアイ化成では「グリーン購入ガイドライン」を制定し、ガイドラインに掲載している14品目のうち2016年度は8品目が対象となり、その対象品目に関しての達成率は92%でした。またコピー用紙については購入金額ベースで、達成率は99.8%でした。