事業・製品情報

  • 建築資材事業
  • 環境資材事業
  • 高機能材事業
  • 機能フィルム事業
  1. TOP
  2. CSR情報
  3. 技術・研究開発

明日を担う新事業創出・新製品開発

岩﨑 秀治

取締役 常務執行役員
経営企画本部長 兼 研究開発部担当

岩﨑 秀治

研究開発活動はタキロンシーアイにとって、価値創造を実践する上で重要な役割を担っています。当部門では、各事業本部が既存事業の強化を中心としたテーマに取り組んでいるのに対し、コア技術であるプラスチックテクノロジーの飛躍的な進化、各事業部門をまたぐような大型テーマ、これまで取り組んだことがないようなテーマなどの研究を行っています。社外との技術の融合、環境・社会ニーズの把握に努め、魅力ある商品の提供、未来を担う新事業の創出といった形で、人と地球にやさしい未来の創造のために活動しています。

競争優位性(強み)

① 2017 年4 月の経営統合によりプラスチック加工総合メーカーとして企業規模・事業ドメインを拡大し、そのシナジー効果を研究開発においても発揮していきます。
② 高度な配合設計技術、設備設計技術、成形加工技術を活用して、厚さ数ミクロンのフィルムから十数センチの板(プレート)までを成形加工しています。
③ 独自性・優位性のある素材開発、高付加価値機能のフィルム・シートの開発、形状(意匠)設計技術の開発、施工技術・新工法の開発を行い、幅広い事業領域でシェアNo.1 の製品をもっています。
④ 開発を行う上で欠かせない高精度な分析機器とその解析力 を持っています。

競争優位性(強み)

重点戦略と進捗状況

タキロンシーアイの中期経営計画のGood chemistryGood growth 2020 のKey Success Factor(以下KSF)である「明日を担う」をキーワードにオープンイノベーションやコンカレントR &Dをフルに活用し、新規領域の創出だけでなく、短期テーマの開発により既存領域を拡大していきます。
市場変化のKSF には、少子高齢化・労働人口減少としてAI やロボットの普及、スマート化社会としてIoT の活用、自動車のEV化として軽量化や内装材の機能化、住空間の進化として経済性と環境性を両立した住宅などを挙げ、技術開発のKSFとして、長繊維系複合商品の設計、機能性フィルム・シートの設計、ナノ材料系複合商品の設計の3 つをコアテクノロジーとして中長期開発テーマを進めています。

研究体制

研究開発活動は、研究開発部門、商品開発部門それぞれの独自活動に加え、部門間での連携により、新事業の芽を次の成長エンジンに育て上げ、新たな収益の柱となる事業の構築を目指し推進しています。
また、生産部門、販売部門と連携したプロジェクト活動や関係会社との協業により、お客様のニーズに応える魅力ある製品づくりの推進、ならびにマイクロプラスチックによる海洋汚染といった新しい社会問題に対応するため、環境保全活動に基づく環境影響に配慮した技術開発・製品開発にも取り組んでいます。

新製品・新技術発表会の開催

主に若手技術者が1回/年の全社的発表・審査会の「新製品・新技術発表会」にて自身が取り組んできた技術テーマを公表します。グループ会社内で共有化し、技術や情報の交流を促進することで、研究開発を加速しています。

2019年度新製品・新技術発表会優秀賞授賞式

注力技術

プラスチック加工のリーディングカンパニーを目指すために、コモディティ化が進んだ製品のスペシャリティ化すなわち当たり前の品質を超えた魅力的な品質、お客様視線による価値の提供を行いたいと考えています。そのために素材の可能性を追求することで、独自の機能・特性を持った多彩なフィルム・シート・パネル製品の開発に結び付く研究に取り組んでいます。さらに素材の探索および配合の研究と、成形加工および周辺技術を組み合わせて、付加価値向上にも取り組んでいます。また、研究において成形した材料や素材の分析評価にも取り組み、タキロンシーアイグループのベース技術を強化することで、製品の品質向上に貢献しています。

新製品トピックス

① ブラスト工法用養生シート(エコクリーンブラストシート)

タキロンシーアイが加入している「循環式エコクリーンブラスト研究会」の「循環式エコクリーンブラスト工法」が平成30 年度環境賞『環境大臣賞』を受賞しました。
ブラスト工法とは鋼橋の塗装塗替え工事に採用され、古い塗装を除去するために研削材を塗装面に投射して削りとる工法ですが、「循環式エコクリーンブラスト工法」はこの研削材に、粉砕せず分別再利用が可能な金属系研削材を採用することで、従前研削材の粉砕により発生していた産業廃棄物と粉じんを極限まで削減し、且つ研削材の再利用によるコスト削減が可能になったとして高く評価されました。

②ストリング工法の開発

タキロンシーアイとタキロンエンジニアリングで共同開発した「ストリング工法開発」が大阪工研協会の工業技術賞を受賞しました。
※ストリング工法: 既設管きょの内側に補強リング(異形鉄筋)の配置をし、LF パネル(ポリエチレン製表面材)とファスナー(ポリエチレン製表面嵌合材)を軸方向に設置・嵌合し、既設管きょとLF パネルのすき間に充填材(高流動・高強度モルタル)を注入させ、既設菅と一体化した高強度の複合管を構築する製管工法。

③養液栽培システムの開発

植物工場向け人工光型養液栽培装置(ユニット)の開発をし、展示会への出展(ファベックス2019)を行いました。


養液栽培システム