事業・製品情報

  1. TOP
  2. 製品情報
  3. 磁性材関連
  4. マグダンパー

磁性材関連マグダンパー

マグダンパーマグダンパー

製品詳細

製品紹介 マグダンパーは磁性制振ゴムと鉄板を複合した。新しいタイプの拘束型制振材です。従来の接着工法と違い、磁力で吸着するため施工が容易です。
特徴 優れた制振性能
・-20℃~60℃の広い温度領域で高い制振性能を発揮します。季節変化で性能はほとんど左右されず、特に寒冷地での使用にも適しています。
・板厚10mmまでの振動体(鉄橋等)でも、充分に性能を発揮します。
 
施工の容易性
・接着型のような下地処理、塗布、乾燥、養生などが不要で、容易に施工できます。
・省力化、短工期を可能とし、トータルコストダウンに役立ちます。
 
安定した性能
・磁力による吸着であるため施工状態にかかわらず、安定した性能を発揮します。
・接着型に見られる接着界面の劣化、老化は生じません。マグダンパーに使用している永久磁石材料は、経年による磁力の低下(減磁)はほとんどなく、数10年の使用でも磁力の低下の心配はありません。
用途 ・ 鉄道橋、道路橋の振動と騒音の抑制。
・ 工場プラントの振動と騒音の抑制。
・ 粉砕機の遮音壁の振動と騒音抑制。
・ ダクトの振動と騒音の抑制。

ガード下の騒音を低減

鉄橋(ガード)を列車が通過する際の振動と騒音は、周辺住民の生活に大きな影響をおよぼすばかりでなく、構造物の耐久性にも問題となります。
マグダンパーは、従来の接着工法と違い、磁力で吸着するため施工が容易であるばかりでなく、ゴム弾性率を利用した制振効果に加え、磁力吸着による摩擦エネルギーロスも加わり、振動と騒音の抑制に高い効果を発揮します。
シーアイ化成が長年蓄積してきた「マグネットシート」の技術が、マグダンパーを通じて快適な暮らしづくりに貢献しています。

広い温度領域で高い制振性能

マグダンパーは磁性制振ゴムと鉄板を複合した、新しいタイプの拘束型制振材です。「磁性」と「制振材」という機能がドッキングし、鉄振動体に磁力で吸着させるだけで、広い温度領域で優れた制振性能を発揮します。
従来の接着型制振材では、振動体と制振材は接着により一体化され、その制振メカニズムは「粘弾性体のせん断変形によって生じるエネルギー損失」を利用していました。この場合、制振性能は使用温度に大きく影響され、特に零度以下の低温では制振性能は大幅に低下してしまいます。
これに対し、マグダンパーは磁力による吸着で振動体に保持されています。このため振動体が振動によって変形した時、振動体とマグダンパーの間で「ズレ摩擦」が生じます。
マグダンパーの制振メカニズムは「粘弾性体のせん断変形によって生じるエネルギー損失」と「界面のズレ摩擦によって生じるエネルギー損失」によって構成され、「ズレ摩擦」はほとんど温度の影響を受けないため、結果として広い温度領域で高い制振性能を示していると考えられます。

構成

制御効果

従来品 マグダンパー
-4 デシベル
(音のエネルギーが減った効果 1/2.5)
-8 デシベル
(音のエネルギーが減った効果 1/6.3)

制振原理

  • 従来型の制振材の制振原理に加え、振動体と磁性ゴム層の間ですべり摩擦が生じ振動エネルギーを熱エネルギーに変える。
  • 振動体の振動エネルギーがゴム分子を振動させ熱エネルギーに変える。

施工例(JR東日本 越後線鉄橋)H7.7 施工

関係会社 製品について

  • マグダンパーの姉妹製品として、「サンスティルダンパー」があります。
  • マグダンパー構成が2層に対しサンスティルダンパーは3層構造で厚みが増しますが同等特性です。
  • 仕様などのお問い合わせは下記・アサヒゴムにお願いいたします。

■サンスティルダンパー(桁用ダンパー)
お問い合わせ先 アサヒゴム株式会社 新規事業部
電話番号 03-5614-9395
FAX 03-3249-2832

お問い合わせ

お問い合わせ先 タキロンシーアイ 高機能材事業部
電話番号 電子部品営業グループ:03-6711-3934
FAX 電子部品営業グループ:03-6711-3602
MAIL 上記のボタンをクリックし、お問い合わせフォームよりご質問下さい。