事業・製品情報

  1. TOP
  2. 製品情報
  3. 管工機材
  4. クリーンます 浅型 CM-AS F/CM-ASB F

クリーンます 浅型 CM-AS F/CM-ASB F

特長

ます径(内径)ø300mm、深さ400mmとコンパクトでスペースをとりません。高さ調整はアジャスターで簡単にできます。
アジャスターによる高さ調整の範囲は、維持管理性を考慮して「+300Hまで」を推奨いたします。

下水道からの臭いの逆流を防ぐ点検キャップ付のトラップを装備しています。

バスケット(ステンレス製)がゴミや毛髪を阻集。油は、水面上に分離します。

バスケットは取り外しが自由で、ゴミ、毛髪等はすぐに取り除けます。

流入穴はあいておりませんので、180゜の範囲内で流入角度を選んで、穴あけ加工をしてください。

構造

※トイレ排水には設置できません。トイレ排水の逆流しない所に設置してください。

阻集効率:70%(当社試験方法より)

CM-AS F,CM-ASBの施工図

(図は、CM-AS Fの施工図です。CM-ASF CM-ASB Fは同寸法で「蓋」のみ異なります。)

  • 穴あけは、必ずホールソーの下部が、穴あけ目安線上に穴があくようにしておこなってください。ホールソーの下部が、ちょうど目安線にくるようにすると、流入管底がます上端から168mmになります。
  • クリーンます浅型CM-AS F, CM-ASB Fは、流入・流出管底の差を少なくしているため、バスケットは常時、一部が水の中に浸っています。
  • 流入側管底は168mm、流出側管底205mmです。
  • ます本体の指示線は最低穴あけ位置を指示していますので、この線より下は穴あけをしないでください。

CM-AS F/CM-ASB Fの組み立て方法

1.流入側は、現場の状況にあわせて穴をあけ、シールパッキンを取り付けます。

2.流入側のシールパッキンにパイプを挿入します。

3.流入管にバスケット掛けを接着します。

4.バスケットの半円切込み部をパイプ側にしてバスケット掛けに取手を掛ければ、バスケットは、固定されます。
バスケットは、日常の点検時に取り外しができます。

流入口は1箇所しか取り付けできません。
流入管を流入側シールパッキンに差込むとき、内面壁より40~70mm挿入してください。
バスケット掛けをこの流入管に接着しますので、短かすぎても、長すぎても機能に支障がでますので、ご注意ください。
(CM-AS F 5品種共通) (CM-ASB F 5品種共通)