事業・製品情報

  1. TOP
  2. 企業情報
  3. 社長挨拶

社長挨拶

「プラスチックテクノロジーで
人と地球にやさしい未来を創造する」
これが、私たちタキロンシーアイ
グループの使命です。

2017年(平成29年)4月1日、タキロン株式会社とシーアイ化成株式会社は経営統合し、タキロンシーアイ株式会社として新たにスタートしました。
タキロン(創業1919(大正8)年)とシーアイ化成(創業1963(昭和38)年)は、プラスチック加工総合メーカーとして、それぞれ独自の技術革新をもとに、お客様のニーズに応えるべく数々の高品質・高付加価値の製品を世に送り出し、事業拡大に取り組んでまいりました。
一方、事業を取り巻く環境は、戸建住宅の新設着工戸数の伸び悩みや公共投資削減による市場の縮小、個人消費をはじめとした国内需要の低迷、競合他社の参入に伴う国際的な価格競争の激化など先行きの懸念材料も多く、厳しい経営環境が続いております。
そうした中で、タキロンシーアイグループは、2017年度を初年度とした中期経営計画「Good chemistry Good growth 2020」を策定しました。
経営ビジョンには、経営統合の思想を取り入れ「たゆまぬ挑戦と実行を通じ、業界のリーディングカンパニーとして社会に貢献する」を掲げ、経営目標である2020年度連結売上1800億円、連結営業利益120億円、連結純利益75億円の達成に向かい邁進していく所存です。
このビジョンの実現に向けタキロンシーアイグループは、経営基盤の強化を図るため人材の融合・活性化および業務の効率化を進め、既存事業の成熟領域では構造改革および統合シナジーの取り出しにより市場競争力を向上させ収益力を強化します。また、成長領域では、積極的な設備投資により事業規模を拡大し、さらに新規領域として、業界再編への積極的関与を進め、事業領域の拡大を目指してまいります。
今後とも皆様の一層のご支援を賜わりますようお願い申し上げます。