1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 社長挨拶

社長挨拶

「プラスチックテクノロジーで人と地球にやさしい未来を創造する」
これが、私たちタキロンシーアイグループの使命です。

代表取締役社長 南谷 陽介

2017年(平成29年)4月1日、タキロン株式会社とシーアイ化成株式会社は経営統合し、タキロンシーアイ株式会社として新たにスタートしました。
タキロン(創業1919(大正8)年)とシーアイ化成(創業1963(昭和38)年)は、プラスチック加工総合メーカーとして、それぞれ独自の技術革新をもとに、お客様のニーズに応えるべく数々の高品質・高付加価値の製品を世に送り出し、事業拡大に取り組んでまいりました。
一方、事業を取り巻く環境は、戸建住宅の新設着工戸数の伸び悩みや公共投資削減による市場の縮小、個人消費をはじめとした国内需要の低迷、競合他社の参入に伴う国際的な価格競争の激化など先行きの懸念材料も多く、厳しい経営環境が続いております。
このような状況のなか、タキロンシーアイは、グループの総合力を結集して、プラスチック加工総合メーカーとしての企業規模および事業ドメインを拡大し、事業ポートフォリオの再編ならびに経営および保有資産の効率化などによるシナジー効果の発揮を通じて、プラスチック加工業界におけるリーディング・カンパニーを目指してまいります。
事業領域は、経営統合により、住設建材、床材、建装用資材などの「建築資材事業」、農業用資材、土木用資材などの「環境資材事業」、工業用プレート、電子部品などの「高機能材事業」、包装用熱収縮フィルム、包装用資材などの「機能フィルム事業」へと拡大・深化しました。
今後は、さらなる成長を確実なものとするため、「営業力、顧客基盤の強化」「グローバル展開の加速」「生産体制の効率化」「技術・研究開発の強化」「コスト競争力の強化」「M&Aによる事業基盤の拡充と収益基盤の強化」の推進を加速していく所存です。
今後とも皆様の一層のご支援を賜わりますようお願い申し上げます。

企業情報