事業・製品情報

  1. TOP
  2. 製品情報
  3. 採光建材
  4. 表面硬化グレード PCMR

表面硬化グレード PCMR

タキロンポリカーボネートプレート表面硬化グレード《PCMR》は、ポリカーボネートプレートのもつ優れた耐衝撃性、透明性、耐熱性などの特長を生かし、更に表面の耐擦傷性を向上させた表面硬化板です。

製品特長

  1. 表面硬度及び耐擦傷性に優れています。
  2. 透明性に優れ、光沢が良好です。
  3. 耐汚染性に優れています。

用途

  • 窓ガラス、銀行カウンター、室内の間仕切
  • 防護面、機械カバー
  • 銘板、計器カバー
  • 特殊車輌、ゴルフカートのフロント
  • 道路資材用

表面特性

(板厚5.0mmによる実測値)

試験項目 試験法 表面硬化グレード
(屋外用)
PCMR56620
表面硬化グレード
(屋内用)
PCMRMS61600
一般グレード PC1600
硬度 テーバー摩耗 JIS K6735(△H) 100回転 4.7 5.8 36.6
スチールウール摩耗 ♯0000による
ラビングテスト
0.0 0.6 24.0
鉛筆硬度 - HB~F HB~F 2B~4B
促進曝露テスト サンシャインウェザオメーター
5000hr(△YI)
0.4 19.5 18.0

(注)テーバー摩耗:CS-10F 500gf×2 (上記数値は試験値であって保証値ではありません。)

スチールウール摩耗:スチールウール(♯0000)を1kg/inch2荷重で10往復させた後のヘ-ズ値の変化(△H)

屋外用表面硬化
グレード
PCMR56600

屋内用表面硬化
グレード
PCMR61600

一般グレード
PC1600

【試験方法】

テーバー摩耗試験:CS-10F 500gf×2 100回 テーバー摩耗試験はすべり摩耗に伴う表面 の耐摩耗性を測定評価するもので 日本工業規格(JIS)およびASTMにも採用されています。

サンシャインウェザオメーターによる黄変度比較

一般物性

(板厚5.0mmによる実測値)

試験項目 試験法 単位 表面硬化グレード
(屋外用)
PCMR56620
表面硬化グレード
(屋内用)
PCMRMS61600
一般グレード PC1600
全光線
透過率
JIS K 6735 93 89 89
ヘ-ズ JIS K 7105 0.1 0.3 0.2
引張降伏
応力
JIS K 6735 MPa 65 63 63
曲げ応力 JIS K 7171 MPa
MPa
93
2300
93
2300
93
2300
曲げ弾性率
シャルピー
衝撃強さ
JIS K 6735 kJ/m2 12 13 13
荷重たわみ
温度
JIS K 7191-2 ℃(1.80MPa) 143 143 139

(上記数値は試験値であって保証値ではありません。)

加工性

  1. 機械加工

    一般のポリカーボネートプレートと同様に機械加工(鋸切断、穴あけ)ができます。

  2. 接着

    表面硬化板の表面硬化膜は、耐溶剤性に優れている為、溶剤接着は出来ません。接着部分の硬化膜をサンディング等で除去すると、一般 のポリカーボネートと同様に溶剤接着できます。

  3. 曲げ加工

    別途ご相談ください。