事業・製品情報

  • 建築資材事業
  • 環境資材事業
  • 高機能材事業
  • 機能フィルム事業
  1. TOP
  2. CSR情報

Csr Information

トップメッセージ‐社会の持続的な発展への貢献

2015年に国連において「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択されたように、世の中の社会課題に対する意識が高まっています。加えて、マイクロプラスチックによる海洋汚染といった新しい社会問題も提起されており、企業が事業を通じて社会課題を解決することへの期待もますます高まっていると認識しています。
タキロンシーアイグループは、「プラスチックテクノロジーで人と地球にやさしい未来を創造する」という使命のもと、地球環境に配慮した商品・サービスなどを始め、さまざまな「新しい価値」を創出し、社会課題の解決、さらに社会の持続的発展へ貢献することを目指しています。
2017年4月の経営統合による事業ドメインの拡大により、社会インフラの老朽化、農業生産性の向上、少子高齢化社会、頻発する災害といった社会課題へ対応する製品・サービスがさらに充実しました。
引き続き、お客様に満足いただける品質とともに、社会の期待に応える“ものづくり”を推し進めていきます。

2017年度から2020年度までの中期経営計画【Good chemistry Good growth 2020】の初年度は順調なスタートを切ることができました。統合シナジーを極大化させつつ、新規領域、成長領域および成熟領域のすべてにおいて、引き続きそれぞれの成長戦略を緩めることなく、経営資源の積極的な投入や競争力向上に取り組んでいきます。
また、中期経営計画では、CSR経営の推進も重要なテーマに位置付けています。新しい価値の創出や企業価値向上の源泉として、健全なガバナンス機能と社員の健康・安全、ステークホルダーとの対話が不可欠と考えており、『環境・社会貢献』 『コンプライアンス』 『働き方改革・安全衛生』『社会とのコミュニケーション』を基本方針としたCSR強化策を推し進めていきます。

タキロンシーアイは、統合後の歩みはまだ1年余りですが、旧タキロンの前身である滝川セルロイド工業所の設立から数えれば、2019年に創立100周年を迎えます。
これまでの100年と同様、これからの100年もすべてのステークホルダーの皆様の信頼に応える「人と地球にやさしい企業」であり続けます。